てなわけで、穂の国の『転校生』

  • 2014.10.30 Thursday
  • 12:09

いよいよ近づいて参りました、穂の国の『転校生』。
豊橋でやってます。
いろんな人に観てもらいたい作品になりました。







『転校生』は、劇作家・演出家・青年団主宰の平田オリザ氏の作・演出で、1994年11月に東京の青山円形劇場にて、公募により選ばれた 21人の女子高生の出演によって上演されました。
この戯曲は「演劇批評の対象になる高校演劇を」という目標のもと書かれ、実際に劇評の対象となりました。同時に、若手劇作家の登竜門である岸田戯曲賞ノミネートの候補にまであがりました。
そして20年後の今年11月に、気鋭の劇団アマヤドリ主宰の広田淳一氏の演出により、公募により選ばれた21人の高校生キャストの出演、そして熱意をもって応募してきた学生スタッフが、劇場とプロのスタッフとともに『転校生』を上演いたします。


 

「総勢21人。体のエネルギーで魅せる会話劇」


一見、女子高生がひたすらお喋りをしているだけのこの戯曲。彼女たちの日常の断片に「生まれる」ことと「死ぬ」ことがさりげなく配置されています。転校、変身、混迷する世界情勢、そんな重たい話題もすべて「うどん食いてー」と同じ次元で語られます。

平田オリザ氏の代名詞ともいうべき“同時多発”する会話も満載です。やわらかい口語で書かれた傑作戯曲を、私、広田の演出で体のエネルギーを中心に据えた会話劇へと転生させてみたいと思います。

元気すぎる21名の女子高生とともに、はたしてどんな舞台が立ち上がってくるのか? 

僕自身、とても楽しみにしています。            


演出 広田淳一


【出演】


伊藤由佳、奥田咲菜、神村友美、琴屋菜緒子、白井なつ美、白木菜々美、杉高 茗、鈴木彩音、田中友梨奈、中神真智子、西川結実、羽田千尋、花井優海、早瀬さくら、彦坂祐衣、兵藤真世、古田夏帆、松井瀬奈、松尾理代、松坂瑠依、宮本 歩(五十音順)


【スタッフ】


作:平田オリザ/脚色・演出:広田淳一
美術:杉山 至
照明:木藤 歩
音響:小笠原康雅
 

【公演日程】


2014年11月01日 (土)19:00
2014年11月02日 (日)13:00※/19:00
2014年11月03日 (月・祝)13:00/17:00

開場は開演の30分前
※11月2日(日)13時公演終演後にトークあり。


【チケット料金】


全席自由・日時指定

入場整理番号付き
前売販売:2014年09月14日 より

一般:2,000円
U24:1,000円(24歳以下対象/入場時要身分証明書提示)
高校生以下:500円(高校生以下対象/入場時要生徒手帳提示)


【お問い合わせ】


穂の国とよはし芸術劇場
〒440-0887 豊橋市西小田原町123番地
TEL:0532-39-8810 FAX:0532-55-8192 http://toyohashi-at.jp
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM